プラナロム社について



ドミニク・ボドゥーと精油、エッセンシャルオイル


現在のPranarôm/プラナロムは、1991年に著名な薬剤師であり、アロマトロジストであったドミニク・ボドゥーによって設立されました。
ドミニク・ボドゥーは薬剤師の家系に生まれ、1980年代にはベルギーにおいて、ヘルスケアを目的でエッセンシャルオイルに焦点をあてた最初の薬剤師たちの一人でした。
当初から聞くものを魅了し、情熱を伝えることができた彼は、フランス、ベルギーでの精油の講習会、研修会によっても成功をおさめ、精油を本来あるべき場所である薬局に戻すことができました。


優れた教師の一面もあったドミニク・ボドゥーは、エッセンシャルオイルへの情熱を周囲に伝播させ、そして、革新的なアロマセラピー製品の開発に着手しました。
彼の処方は驚くほどの効果をあげ、エッセンシャルオイルの信じられないほどの癒しの力を直ちに示すことになりました。

彼の最初のベストセラー "Aromathérapie - se soigner avec les huiles essentielles"(Amyris ed。)で収集されたこれらの調合は、フランスのアロマセラピーの永遠に偉大な古典になると評価されています。
そして、それらはドミニク・ボドゥーを世界で最も尊敬される芳香剤学者の一人にしました。

ドミニックは、エッセンシャルオイルの力を数値化することで目視化にし、信仰であったものを科学に変えることを目指しました。
それは、彼の信じるエッセンシャルオイルの力をより多くの人々がいろいろなシーンにおいて、日常あり、治癒であり、安心して使用できることを目指しました。

科学するアロマテラピー プラナロム が彼の思いを届けます

ドミニック・ボドゥーは、アロマテラピーを正しく広めるために出版、教育にも力を入れています。
ドミニックが創設した「NARD、Natural Aromatherapy Research and Development」は、現在は名称を、「College international of Aromatherapy Dominique Baudoux」として活動しています。

※日本国内においては「NARD JAPAN」が、「NARD」の情報を私たちに届ける目的で設立されています。


プラナロム社の発展


1991年に設立されたプラナロム社は、科学と医療のアロマセラピーを専門とする研究所です。
100%天然で自然な化学種(ケモタイム)のエッセンシャルオイルを販売しました。
植物に含まれている成分を科学的に分析し、特徴的な成分の含有率で植物を分類、固定するという考えた方を実践し収穫した群ごとに検査し、その結果を商品に添付し販売を行ったのです。

それらの精油は、長年にわたり小規模なファミリービジネスだった販路を、安全、信頼、価値により拡大をし続け、何百もの店舗を通じて製品を販売するに至りました。
さらに、科学的なアロマセラピーの厳しい原則は、アジアとアメリカのアロマセラピーの実践者によって迅速に採用されました。

Pranarôm/プラナロムは科学と医療のアロマセラピーの世界的リーダーです。自然に根ざしたプラナロムは芳香植物の素晴らしい利点を知り尊重し、それらを世界と共有したいと考えています。
そのためにプラナロムは豊富なトレーニングプログラムを通して家庭から医療現場に至るまで数多くのシーンにおいて正しい精油の扱われるよう育成を行っています。


プラナロム プラナロムの由来 2重の意味を持ち、願いを込めた名前


PRANA は " 人生の息吹 "を意味します。
呼吸はすべての行動と意思決定の始まりです。それは不可欠なエネルギーです。

ARÔM は「芳香」に由来します。
エッセンシャルオイルを抽出するすべての植物を芳香族として考えます

PRANARÔM / プラナロム

芳香植物が濃縮され本質であるエッセンシャルオイルから生命の息吹と全体的な健康が与えられる。

プラナロムは、科学と医療のアロマセラピーを専門とする研究所です。


[参考文献]
Pranarôm https://www.pranarom.com/en/who-are-we/company




次は、「プラナロム社のケモタイプ精油について」になります。
ぜひご覧ください。


※日本国内法に基づき
通常「精油」は雑貨扱いであるため、皮膚に塗布するための「化粧品」、飲用するための「食品」の認可は取られていません。精油を皮膚塗布や飲用することは自己責任において自分で行うことが基本となります。

・精油はアロマテラピーの核となるものです。安心して各精油の特性を活かしながら使用するために、使用前には必ずラベルと分析表ご確認ください。